« お手紙 | トップページ | 洋書 »

2017年5月25日 (木)

Vol.32 目黒区駒場の治安が良すぎる件について

井の頭線の駒場東大前から徒歩7分、目黒区駒場に引っ越してから、1年が過ぎました。

最近は、東京都内でも、地域によっては治安が悪化しているという話を聞くのですが…。

駒場に引っ越して感じるのは、このエリアは猛烈に治安が良いということ。

上京して四半世紀、これまで阿佐ヶ谷、西荻窪、吉祥寺、桜新町、恵比寿、広尾に住み、そして今の部屋に移りましたが、上記のどの地域と比較しても、駒場の治安の良さは抜きに出ています。

商店街のカレー屋さん、キッチン南海のおじさんと話していても、やはり、この辺りの治安の良さは抜群だと言います。

夜中に道を歩いていても、ちょっと怖いなという雰囲気の人に遭遇することは皆無。この1年、強引な新聞の拡販員はひとりも来なかったし、その他、意味不明のモノを売ろうとする訪問販売の人、悪名高いNHK職員のフリをした集金人も来なかった。

こんなことは、これまで住んだエリアでは考えられないことです。

なぜ、こんなに治安が良いのでしょう。理由は、やはり駒場東大前駅の北側に広がる、東大駒場キャンパスの存在だと思います。

必然的にこのエリアの住人は東大関係者、東大の学生、大学院生、研究者が多いのです。ぼくの住む集合住宅も、6部屋中4部屋までは、東大の学生さんです。

普通に考えても、例えば新聞の拡販員のが、そのあたりのアパートを訪れた場合、東大関係者に遭遇する確率が非常に高いのです。

この人たちは、わけのわからない理由をつけて、または強引な態度で言いくるめて、契約を取り付けることができる相手ではないですね。

ということで、東大関係者が多いこのエリアは、訪問販売員や新聞拡販員にとっては、とても効率が悪いエリアなのだと思います。

ぼくは、以前は渋谷区東に住んでいましたが、わけあって立ち退きせざるを得ず、仕方なく今の住居に越してきました。渋谷まで徒歩圏内という、ただそれだけの理由で選んだ駒場東大前でしたが、予想外の利点があったようです。



----------
文・桑原和久
(フリーライター、編集者、茅ヶ崎方式渋谷松涛校生徒)

« お手紙 | トップページ | 洋書 »

桑原 BLOG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575190/65327107

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.32 目黒区駒場の治安が良すぎる件について:

« お手紙 | トップページ | 洋書 »