« 多読っていいの? | トップページ | お手紙 »

2017年5月18日 (木)

私の多読はじめ

多読と言えるほど、読んでいないので、恥ずかしいのですが。。。

言い訳としては、新聞を読むことが圧倒的に多いので、洋書は少ないです。
多読のために読んでいるのではなく、あくまでも自分の興味のままに。
を心がけていたら、本より新聞になっていたということです。
英字新聞もオススメですが、ここでは洋書を紹介しますね。


1) 初めての洋書

小学生のころ、英語を習っていて、使っていた本。
(どんどん次の本をもらった記憶はあるけれど多読とは違うかもしれません)

Ladybird シリーズといって、たしか最初のページは

Peter

次のページは

Jane

その次のページは

Peter and Jane

こんな感じ。

2) 初めて買った洋書

高校生の時、母がシドニー・シェルダンを読んでいました。私も!と思い小遣いで買ったのは

Danielle Steel の Accident





表紙が黒でカッコよかったので、通学時に持ち歩いたマスコットのような感覚。
難しかったのかどうか覚えていないけれど、無事読み終えた時は嬉しかったです。

もう一度読み直してみたい、と思い再度購入したのですが、積読になっています。

とりあえずかっこよさそう、がポイントでした。

そんなものです。

« 多読っていいの? | トップページ | お手紙 »

Momoko's Memo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575190/65290759

この記事へのトラックバック一覧です: 私の多読はじめ:

« 多読っていいの? | トップページ | お手紙 »