« Vol.28 真面目な人ほど、 Prostate inflammationになりやすい | トップページ | 茅ヶ崎方式レッスン »

2017年4月29日 (土)

Vol.29 世界遺産、石見銀山にがっかりした件

先日、島根県の石見銀山に行ってきました。

山深い里にある銀山を含む周囲一帯の集落は、世界遺産に登録されています。

出雲縁結び空港から車で1時間、天気は生憎の曇りでしたが、おかげで無料駐車場が空いていて、車止めやすくて助かりました。

集落のまわりは鬱蒼とした緑が生い茂っていて、自然を満喫することができました。

一帯の建物は、おそらく厳しい建築規制があるのでしょう、個人の住宅も含めすべて日本家屋で、屋根は茶色の瓦、壁は土壁に統一してあります。まるで過去の時代にタイムスリップしたような錯覚を覚える、なかなか素敵な街並みでしたよ。

集落は意外と広く、徒歩だと端から端まで1時間くらいかかります。銀山跡地に向かってなだらかな坂道になっているので、ちょっとしたハイキング気分も味わえます。

しかし、結論から言ってしまうと、観光地としての石見銀山には、事前の期待を裏切られた、ちょっとがっかりしたというのが本音です。

なぜか?メインの銀山跡地、ここは、1人410円支払うと入場できるのですが、綺麗に整備された坑道の中でとんでもない発見があるかというとそうでもありません。

本物の銀山坑道跡なので、それなりに過去に想いを馳せるのとはできますが、内部は割とあっけなくて、小綺麗に整備されている山肌の洞窟という感じで、アクセスが大変な場所にある割には予想以上の驚きがなかったというのが本音です。

で‥。とても残念だったのが、集落のいたるところに、"世界が認めて10年、世界遺産登録10周年"というポスターが貼ってあったことです。

ぼくは、こんな風に思ってしまいました。もしこの場所が世界遺産でなければ、人々はやってくるだろうか?地元自治体は観光に力を入れただろうか?と。なんだか、世界遺産の押し売りをされてるような気分になってしまったのですね。

ユネスコが登録する世界遺産には、世界自然遺産と世界文化遺産があります。石見銀山は世界文化遺産です。

ブナの原生林が広がる青森県の白神山地や、鹿児島県、屋久島の屋久杉は世界自然遺産です。自然遺産の場合、学術的に明らかに貴重な生態系であるため、その点で納得できるのですが、文化遺産の場合、見る人の受け止め方によって、かなり評価に幅があると思います。

石見銀山の坑道は、歴史的に貴重な文化遺産だと思いますが、同じように貴重な文化遺産であり、かつ世界遺産には登録されていないものが、他にもあるのではないかという気がしてしまったのです。

あたり一帯の自然も、日本の田舎ならどこにでもあるものです。集落の街並みにしても、沖縄県の竹富島や、小江戸といわれる埼玉県の川越市に比べて、すごく衝撃的に美しいというほどのものではありませんでした(あくまで個人的な意見です)。

どうもすべての合わせ技で、石見銀山は世界遺産ということのようなのですが、ひとつひとつをの特徴を見ると、そんなにすごいかな?という疑問が湧いてきてしまうのです。

そして、もう一つ残念だったのが、お金の支払い方ですね。石見銀山では、坑道に入るために何円、資料館に入るために何円と、集落内に点在する各施設を利用するたびにお金がかかります。

貴重な文化遺産の維持には経費がかかるはずなので、お金を払うのは当たり前だと思いますが、せめて、1日有効フリーパスなどを販売していて欲しかったと思います。

施設ごとに課金されるシステムだと事前にいくらかかるのかよく分かりません。もちろん、ガイドブックを熟読していれば分かるのでしょうが、そんな人は少数派だと思います。

いくつかの施設に入場したあとで、「あら、ここも、有料なのね、まあ、なら、ここは見なくていいか」と言って引き返す人はきっといると思います。

ここは世界遺産なんだ!というアピールが目立つだけに、施設利用に必要はコストの集金システムがスマートでないことが、余計に気になりました。

東京に戻ってきて、インターネットで石見銀山の口コミを検索してみると、石見銀山を"がっかり遺産"と称している意見を発見しました。

やはり、そうか…と思ってしまいました。

今は口コミの時代です。石見銀山が、多くの訪問者にとってもう一度行きたくなる場所になるためには、いろいろと改善すべき点があると感じました。



« Vol.28 真面目な人ほど、 Prostate inflammationになりやすい | トップページ | 茅ヶ崎方式レッスン »

桑原 BLOG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575190/65214198

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.29 世界遺産、石見銀山にがっかりした件:

« Vol.28 真面目な人ほど、 Prostate inflammationになりやすい | トップページ | 茅ヶ崎方式レッスン »