« コラージュ | トップページ | Vol.27 日本的空間概念の絵画的表現とは!!アーティスト、吉野ももさんの世界。 »

2017年4月 5日 (水)

Vol.26 頭ハゲない教頭のハゲない講座は4月16日です

以前このブログにも書いたんですが、ぼくは30代前半に頭のてっぺんの髪の毛がかなり抜け落ちて、ハゲ寸前になりました。

東京広尾の路上で通りすがりのチンピラみたいな兄ちゃんに「この、ハゲ!」と怒鳴られたこともあるんです。だから当時は相当薄かったのですが、今ではこの話をしても誰も信じてくれません。

今はまったくハゲてないし、むしろこの年齢にしてはフサフサの部類に入ります。

30代、ぼくはいかにしてハゲを克服したか。そのすべてを、今月から千葉県市原市で始まる、市原アートミックスという芸術祭でお話しします。

アーティスト開発好明さんの「里見100人教頭学校キョンキョン」という催しの一コマにぼくが登場します。日時は4月16日、詳しくは下記URLをご参照ください。

当日は、ぼくのハゲ克服体験をお話しします。ぼくの育毛法はいろんなことが複合的に絡まっているので、このブログですべてをお伝えするのは難しいのですが…ひとつにはハゲは頭皮だけの問題ではないということです。

ぼくは、薄かったころ、高額な育毛剤も試しましたが効果はありませんでした。発想を転換して、体の免疫力アップを図ることで、ハゲていた部分に新しい毛を生やすことができました。

勘違いして欲しくないのですが、ぼくはいわゆるストレスからくる急性の脱毛症ではありませんでした。30代前半じわじわとハゲてきたので、あのまま何もしなければ、今は見事なハゲになっていはずです。

ぼくの父も祖父も曽祖父もハゲていますから、今自分がハゲてないのが不思議なくらいです。

さて、30代前半、せめて40まではハゲたくないと思ったぼくは、コンビニで売ってる安いシャンプーをオーガニックシャンプーに変えてみたり、毎日、お風呂で半身浴をして体の血行を良くする努力をしたり、寝る前にストレッチをしたりと、いろんなことをしました。その結果髪の毛が生えてきたのですが…。

髪の毛を取り戻す過程で、ぼくは持病の腰痛が治る(その半年後に髪の毛が生えてきました)という経験をしました。腰痛と脱毛には関係があると、いまでは強く信じています。

他にも、胃腸の不調とハゲにも関係があると思っています。

ハゲは体質からくるものです。若くしてハゲる人もいれば一生ハゲない人もいます。これは、体質が違うということですね。つまり、この世にはハゲやすい体質とハゲにくい体質が存在するということです。

体質は遺伝子で決まるとあきらめずに、体質改善に勤しめば(それはそのまま体にとってもいいことだし、お金や時間もほとんどかこりません)ぼくは、かなりの確立てハゲは救われると思っています。

https://m.facebook.com/里見100人教頭学校キョンキョン-744449832390640/



« コラージュ | トップページ | Vol.27 日本的空間概念の絵画的表現とは!!アーティスト、吉野ももさんの世界。 »

桑原 BLOG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575190/65112778

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.26 頭ハゲない教頭のハゲない講座は4月16日です:

« コラージュ | トップページ | Vol.27 日本的空間概念の絵画的表現とは!!アーティスト、吉野ももさんの世界。 »