« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

Vol.29 世界遺産、石見銀山にがっかりした件

先日、島根県の石見銀山に行ってきました。

山深い里にある銀山を含む周囲一帯の集落は、世界遺産に登録されています。

出雲縁結び空港から車で1時間、天気は生憎の曇りでしたが、おかげで無料駐車場が空いていて、車止めやすくて助かりました。

集落のまわりは鬱蒼とした緑が生い茂っていて、自然を満喫することができました。

一帯の建物は、おそらく厳しい建築規制があるのでしょう、個人の住宅も含めすべて日本家屋で、屋根は茶色の瓦、壁は土壁に統一してあります。まるで過去の時代にタイムスリップしたような錯覚を覚える、なかなか素敵な街並みでしたよ。

集落は意外と広く、徒歩だと端から端まで1時間くらいかかります。銀山跡地に向かってなだらかな坂道になっているので、ちょっとしたハイキング気分も味わえます。

しかし、結論から言ってしまうと、観光地としての石見銀山には、事前の期待を裏切られた、ちょっとがっかりしたというのが本音です。

なぜか?メインの銀山跡地、ここは、1人410円支払うと入場できるのですが、綺麗に整備された坑道の中でとんでもない発見があるかというとそうでもありません。

本物の銀山坑道跡なので、それなりに過去に想いを馳せるのとはできますが、内部は割とあっけなくて、小綺麗に整備されている山肌の洞窟という感じで、アクセスが大変な場所にある割には予想以上の驚きがなかったというのが本音です。

で‥。とても残念だったのが、集落のいたるところに、"世界が認めて10年、世界遺産登録10周年"というポスターが貼ってあったことです。

ぼくは、こんな風に思ってしまいました。もしこの場所が世界遺産でなければ、人々はやってくるだろうか?地元自治体は観光に力を入れただろうか?と。なんだか、世界遺産の押し売りをされてるような気分になってしまったのですね。

ユネスコが登録する世界遺産には、世界自然遺産と世界文化遺産があります。石見銀山は世界文化遺産です。

ブナの原生林が広がる青森県の白神山地や、鹿児島県、屋久島の屋久杉は世界自然遺産です。自然遺産の場合、学術的に明らかに貴重な生態系であるため、その点で納得できるのですが、文化遺産の場合、見る人の受け止め方によって、かなり評価に幅があると思います。

石見銀山の坑道は、歴史的に貴重な文化遺産だと思いますが、同じように貴重な文化遺産であり、かつ世界遺産には登録されていないものが、他にもあるのではないかという気がしてしまったのです。

あたり一帯の自然も、日本の田舎ならどこにでもあるものです。集落の街並みにしても、沖縄県の竹富島や、小江戸といわれる埼玉県の川越市に比べて、すごく衝撃的に美しいというほどのものではありませんでした(あくまで個人的な意見です)。

どうもすべての合わせ技で、石見銀山は世界遺産ということのようなのですが、ひとつひとつをの特徴を見ると、そんなにすごいかな?という疑問が湧いてきてしまうのです。

そして、もう一つ残念だったのが、お金の支払い方ですね。石見銀山では、坑道に入るために何円、資料館に入るために何円と、集落内に点在する各施設を利用するたびにお金がかかります。

貴重な文化遺産の維持には経費がかかるはずなので、お金を払うのは当たり前だと思いますが、せめて、1日有効フリーパスなどを販売していて欲しかったと思います。

施設ごとに課金されるシステムだと事前にいくらかかるのかよく分かりません。もちろん、ガイドブックを熟読していれば分かるのでしょうが、そんな人は少数派だと思います。

いくつかの施設に入場したあとで、「あら、ここも、有料なのね、まあ、なら、ここは見なくていいか」と言って引き返す人はきっといると思います。

ここは世界遺産なんだ!というアピールが目立つだけに、施設利用に必要はコストの集金システムがスマートでないことが、余計に気になりました。

東京に戻ってきて、インターネットで石見銀山の口コミを検索してみると、石見銀山を"がっかり遺産"と称している意見を発見しました。

やはり、そうか…と思ってしまいました。

今は口コミの時代です。石見銀山が、多くの訪問者にとってもう一度行きたくなる場所になるためには、いろいろと改善すべき点があると感じました。



2017年4月20日 (木)

Vol.28 真面目な人ほど、 Prostate inflammationになりやすい

ちょっとら恥ずかしいんですが、最近、歳のせいかトイレが近くなってしまって…、といってもまだ高齢者ではないし、年齢的には中年だし、自分では若いつもりのぼくは、心配になって近所の泌尿器科で診察してもらいました。

すると、「前立腺炎ですね」とお医者さん。

前立腺って女性にはない器官ですが、男にとっては精液を製造する大切な部位というだげなく、なんとも敏感で不安定な感じがする場所なのです。

前立腺が炎症を起こすとトイレが近くなるし、肥大症になると2度と元の大きさに戻ることはなく、一生お薬を呑み続けることになるというのが常識なんです。

しかも、がんの部位別罹患数のデータをみると、男性では、2位の胃がん、3位の肺がんを押さえ前立腺がんが堂々の1位なのです。ちなみに、女性は1位乳房がん、2位大腸がん、3位肺がん、となっているようです(国立がんセンターの公開資料より)。

といってもぼくはがんになったわけではなく、単なる炎症なのですから、薬で治すことができます。
お医者さんは、2週間分の抗生物質を処方しながら落胆しているぼくに向かって、こう言いました。

「くよくよするんじゃないよ。キミ、まだ若いんだから。ストレスは前立腺炎によくないんだよ。だいたい、小さなことを気にする真面目なタイプほど前立腺炎になりやすい」

その通りだ、そして、くよくよしてられないと思ったぼくは、なぜか次の瞬間、前立腺炎って英語でなんて言うんだっけと思っていました。

辞書をひくと、前立腺炎は、
Prostate inflammation でした。
そして、これでひとつ語彙が増えたぞと、自分を勇気づけました。

では…

お医者さんが言った、"小さなことを気にする真面目なタイプほど前立腺炎になりやすい"、は英語で何と言うのでしょう。

アメリカ人の友人に、

People that are too serious are prone to prostate inflammation なの?と尋ねたら、ぜんぜん違うといって大笑いされました。

Fuddy-Duddy is prone to prostate inflammation.

は、そんなに悪くはないようですが、どうもしっくりきません。

google先生によると、

Serious people tend to be more prostatitis.

だそうですが…。

自分の無学を宣伝するようでとても恥ずかしいのですな、どなたか、これはという訳を教えていただけませんか?


----------
文・桑原和久
(フリーライター、編集者、茅ヶ崎方式渋谷松涛校生徒)

2017年4月15日 (土)

【新刊】茅ヶ崎方式 文法書が発売になりました!

茅ヶ崎方式の文法書が発売になりました!

既存の茅ヶ崎教材だと難しすぎた初級者の方。

ライティングやスピーキングに役立てたい上級者の方に。

例文は茅ヶ崎らしい時事問題を使ったものがメインです。

この教材を使用したレッスンもできます。
Book009_5

2017年4月13日 (木)

Vol.27 日本的空間概念の絵画的表現とは!!アーティスト、吉野ももさんの世界。

現在、渋谷の西武百貨店で、アーティスト、吉野ももさんの個展と全館プロモーション「Link」(4月11日~5月7日)が実施されています。

吉野さんは、1988年生まれ。今年3月に東京国際フォーラムで催された「アートフェア東京2017」に6点の絵画を出展したところ、すべて初日に完売してしまったという、新進気鋭のアーティストです。

今、渋谷西武に行くと、吉野さんの作品'Kami'シリーズ16点と、吉野さんが作成したイメージを売場やショーウィンドウなどに展開したビジュアル群「Link」を、すべて無料で鑑賞することができます。

'Kami'シリーズは、吉野さん自身が独特の形にカットした木製キャンバスの上に、アクリル絵具で描いた絵画作品です。

彼女は東京藝大大学院在籍時に、イギリスに留学しました。この時、「西洋の建物は硬い地盤の上にレンガや石を使って建てられているのに対し、日本の建築物は柔軟な地盤の上に木と紙で造られていることを再認識した」といいます。同じように、洋服はサイズをしっかり計って作るものだけど、着物は柔軟性があると思ったそうです。

そして、これらの事実は、西洋と日本の空間認識の違いに通底すると感じた彼女は、日本の空間概念そのものを絵画として表現しようとします。そのようにして生まれたのが、'Kami'シリーズです。

この絵を観てオリガミを連想する人もいると思いますが、彼女自身もオリガミからヒントを得たと言っています。

「オリガミもまた、もともとはシンプルなもので、一枚の紙のかたちを変えて遊ぶという日本の空間概念を表していると思います」と吉野さん。

吉野さんが教えてくれたおすすめ鑑賞コースは、

A館正面ウインドウ→横断歩道を超えて振り返りA館横ウインドウ→ B館1F → B館3Fコンポラックス(売り場内、鏡4ヶ所と商品台に数カ所)→ 5F連絡通路 → B館8Fオルタナティブスペース&アートショップ です。

渋谷に来られた折には、是非立ち寄ってみてください。おすすめです。





----------
文・桑原和久
(フリーライター、編集者、茅ヶ崎方式渋谷松涛校生徒)

2017年4月 5日 (水)

Vol.26 頭ハゲない教頭のハゲない講座は4月16日です

以前このブログにも書いたんですが、ぼくは30代前半に頭のてっぺんの髪の毛がかなり抜け落ちて、ハゲ寸前になりました。

東京広尾の路上で通りすがりのチンピラみたいな兄ちゃんに「この、ハゲ!」と怒鳴られたこともあるんです。だから当時は相当薄かったのですが、今ではこの話をしても誰も信じてくれません。

今はまったくハゲてないし、むしろこの年齢にしてはフサフサの部類に入ります。

30代、ぼくはいかにしてハゲを克服したか。そのすべてを、今月から千葉県市原市で始まる、市原アートミックスという芸術祭でお話しします。

アーティスト開発好明さんの「里見100人教頭学校キョンキョン」という催しの一コマにぼくが登場します。日時は4月16日、詳しくは下記URLをご参照ください。

当日は、ぼくのハゲ克服体験をお話しします。ぼくの育毛法はいろんなことが複合的に絡まっているので、このブログですべてをお伝えするのは難しいのですが…ひとつにはハゲは頭皮だけの問題ではないということです。

ぼくは、薄かったころ、高額な育毛剤も試しましたが効果はありませんでした。発想を転換して、体の免疫力アップを図ることで、ハゲていた部分に新しい毛を生やすことができました。

勘違いして欲しくないのですが、ぼくはいわゆるストレスからくる急性の脱毛症ではありませんでした。30代前半じわじわとハゲてきたので、あのまま何もしなければ、今は見事なハゲになっていはずです。

ぼくの父も祖父も曽祖父もハゲていますから、今自分がハゲてないのが不思議なくらいです。

さて、30代前半、せめて40まではハゲたくないと思ったぼくは、コンビニで売ってる安いシャンプーをオーガニックシャンプーに変えてみたり、毎日、お風呂で半身浴をして体の血行を良くする努力をしたり、寝る前にストレッチをしたりと、いろんなことをしました。その結果髪の毛が生えてきたのですが…。

髪の毛を取り戻す過程で、ぼくは持病の腰痛が治る(その半年後に髪の毛が生えてきました)という経験をしました。腰痛と脱毛には関係があると、いまでは強く信じています。

他にも、胃腸の不調とハゲにも関係があると思っています。

ハゲは体質からくるものです。若くしてハゲる人もいれば一生ハゲない人もいます。これは、体質が違うということですね。つまり、この世にはハゲやすい体質とハゲにくい体質が存在するということです。

体質は遺伝子で決まるとあきらめずに、体質改善に勤しめば(それはそのまま体にとってもいいことだし、お金や時間もほとんどかこりません)ぼくは、かなりの確立てハゲは救われると思っています。

https://m.facebook.com/里見100人教頭学校キョンキョン-744449832390640/



2017年4月 2日 (日)

コラージュ

最近実家の片付けをしています。
中学時代のコラージュ作品が出てきました。
美術は苦手ですが、この手抜き作品で5もらいました。


« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »