« コラムお休みです | トップページ | 海外ドラマのすすめ&お知らせ »

2017年2月15日 (水)

Vol.19 インフルエンザの怖い話

みなさんお元気ですか?久しぶりの投稿になります。実は先週は、インフルエンザにかかってしまい、何もできませんでした。

インフルエンザ。ネットのニュースでかなり話題にのぼっていたし、街中でもマスクをしている人をたくさん目撃していたので、流行っていることは知っていました。

が、過去にインフルエンザになった記憶がなく、自分だけは大丈夫だろうと油断してました。

先々週の日曜日夕方に、それまであまり経験したことのない、"ぞくぞくっ"とする悪寒がありました。翌日、朝一番で病院に行ったところ、あっさりと「A型です」と判定されてしまいました。

処方してもらったインフルエンザ薬をすぐに薬局で購入し、その場で薬剤師さんの指導のもと吸引しました。

その薬はイナビルというもので、インフルエンザウィルスを殺すのではなく、増殖を抑制してくれるとのことでした。効き目は4日間あるらしく、一度呑めば基本的に他の薬を呑む必要はないとのことでした。

インフルエンザにはA型、B型、C型があり、A型がいちばん激しく症状がでると言われています。ぼくはA型でしたので、確かに病院に行った日の午後から38度9分の熱が出て意識が朦朧としてきました。

1日目は高熱と節々の痛みに悩まされましたが、2日目からは熱は37度5分にまで下がりました。そして、微熱の状態が3日ほど続きました、この間はずっと寝ていたため、床ずれで体中が痛くなました。

ちょっと大袈裟ですが、ただ単に健康であることのありがたみを痛感しました。

そして5日目の朝、体温計で熱を計ると36度5分。昨日までとはうってかわって体が軽く感じました。あぁ治ったんだなと思いました。言葉では言い表せない爽快感でした。

これまで風邪っぽいとすぐに病院に行って、総合感冒薬をもらい、微熱があっても働いていたぼくにとって貴重な体験でした。

やはり、風邪は薬で誤魔化すのではなく、しっかり熱を出して、温かくして眠り汗をかいて治すべきだと再認識しました。

しかしいまになって思うと、ぼくはインフルエンザをとても甘くみていたようです。

実は病院に行った日の翌日友人と会う約束をしていたので、薬をのんだ後でその人に「今日インフルエンザになったけど、明日微熱程度なら大丈夫。会えると思うので、また明日連絡するね」とメッセージしたところ、「とんでもない、うつされたらたまらない。延期しよう」とレスがありました。

その話を医療に詳しいジャーナリストのAさんにしたら「お前はアホか、歩く生物兵器のような体で人に会おうとするなんて」と叱られました。

みなさんは、"スペインかぜ"という言葉を聞いたことありますか。これは1918年から1919年にかけてヨーロッパで流行したインフルエンザのことで、なんとその死者は、5000万人~1億人にものぼります。

これは同時期に行われた第一次世界大戦における戦死者1900万人を上回る数で、このスペインかぜが戦争の終結を早めたという説まであるのです。

いまは医療が発達していて、インフルエンザになっても病院に行けば大丈夫という認識が広まっていますが、もともとはとても怖い病気なんですね。

実際に厚生労働省の資料によると、今日でも年間2262人がインフルエンザで亡くなっています(平成27年統計)。その多くは免疫力の弱い高齢者や幼児だと思いがちですが、そうとばかりも言えないようです。

前出Aさんによると、発熱などの、風邪の症状があっても、仕事を休めないなどの理由で、市販の解熱剤を服用し無理やり熱を抑えて働き、結果としてインフルエンザが引き金となって亡くなる人がいるとのこと。

インフルエンザは空気感染しません。飛沫感染のみです。こういうのは本人にとっても悲劇ですが、うつされるかもしれない周囲の人にとってもたいへんな迷惑になります。

ぼくは発熱した翌日病院に行ったので、比較的軽い症状で完治することができましたが、インフルエンザ薬は発症後48時間以内に摂取しなければ効果がないと言われています。もし、数日放置してから病院に行っていたら、もっと重篤な症状が出ていたでしょう。

インフルエンザが流行っている時は、熱が出たらすぐに病院に行くのが基本のはずですが、忙し過ぎて病気にもなれない世の中というのは、なんとも切ないです。

さらに恐ろしい話もあって、こんにちであってもインフルエンザウィルスが変異して、既存の薬が効かないものが出現し、流行し大量の死者が出る可能性はあるのです。

日頃から手洗いうがいを怠らないこと、そして疲労を溜めないことを心がけたいですね。

-------
文・桑原和久
(フリーライター、編集者、茅ヶ崎方式渋谷松涛校生徒)

« コラムお休みです | トップページ | 海外ドラマのすすめ&お知らせ »

桑原 BLOG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575190/64898622

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.19 インフルエンザの怖い話:

« コラムお休みです | トップページ | 海外ドラマのすすめ&お知らせ »