« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月22日 (水)

Vol.20 草間さんの個展「わが永遠の魂」プレス内覧会に行ってきました

今日、2017年2月22日から5月22日まで、乃木坂にある国立新美術館で、前衛芸術家、草間彌生さんの個展「草間彌生 わが永遠の魂」が開催されています。

初日の前日、つまり昨日になりますが、メディア向けの内覧会が開催されたので、行ってきました。今回はその時の様子をレポートします。

草間さんといえば、BBCが「存命中のもっとも重要な芸術家」と言ったほどの人です。これは、国籍性別を問わず、アートの世界における最重要人物という意味です。

ここ数年草間さんは、ヨーロッパ各地で大規模な個展を開催してきました。美術館側によると、今回の個展の規模はそれらに勝る史上空前のものとのことです。そんなこともあってか、内覧会当日は、膨大な数のプレス関係者が集まりました。

ざっと500人くらいはいたでしょうか。もう、展覧会始まったの?と思えてしまうくらい、会場内は人で溢れていました。



展示の内容も圧巻でした。展示されている作品は全部で230点。二部構成になっていて、一部は連作絵画「わが永遠の魂」シリーズ130点を中心とした21世紀に制作された作品群。

草間さんは、2009年から「わが永遠の魂」というシリーズ名で写真にもある巨大な絵画を描き続けています。すでに500点は描いた、というのだから驚きです。87歳の今も、3日に1点のペースで描いているのだとか。


二部は草間さんの20世紀の作品群で構成されています。1957年から1973年まで草間さんは、アメリカ、主にニューヨークを拠点に活動していました。

この時代はポップアートやミニマリズムが最先端のアートとして注目を集めまていました。会場では、当時の草間さんの作品、ミニマリズムの代表作「無限の網」やポップアートに多大な影響を与えたソフト・スカルプチャアなどを観ることができます。


有名なアンディ・ウォーホルがパクったのではないかとも言われている、作品「集合 100艘のボート・ショー」も再現されています。ぼくも最近知ったのですが、この作品、数年遅れて発表されたウォーホルの「牛の壁紙」にとてもよく似ています。

草間さんの「集合 100艘のボート・ショー」は展示室の天井、床、壁をボートの壁紙で覆い、中央にボートのオブジェを設置して、ギャラリーの空間すべてを作品にしたようなものです。

数年前BBCがこの作品を国際ニュースで紹介していました。その番組の中で、イギリス人の美術ファンが「この作品、何かに似ている。ウォーホルに似ている」と感想を述べると、レポーターが「実はクサマの方がウォーホルより先だったんですよ」と言い、美術ファンが「へー、知らなかった」と驚くというシーンがありました。

アメリカにいる時代から、草間さんは、日本人で女性というハンデ?がありながら、西洋人の著名なアーティストと互角かそれ以上の作品を発表し続けてきました。そのことが、今回の展示を観るとよくわかります。

にもかかわらずアメリカ時代の草間さんは、ウォーホルのようなスター的存在にはなれませんでした。草間さんが海外から再評価されたのは、20世紀の終わりごろなのです。

日本に帰ってきてからは、精神科の開放病棟で暮らしながらも、一向に創作意欲は衰えることもなく、後に草間さんの代名詞になった有名なカボチャのシリーズをはじめ、次々と新作を発表してきました。

この日は、内覧会終了間際に、15分間だけ草間彌生さん本人が登場しました。車椅子に乗った草間さんの姿が見えると会場から自然と拍手が湧き上がり、一部の人たちは草間さんとハイタッチをしていました。

この人たちはファンなのか記者なのか?とも思いましたが、草間さんのこれまでの活動が、彼女の存在を、ある種アイドル的なもの、あるいは生ける伝説のような有難いものにしているのだなと思いました。

今回の展覧会は、特にアートに興味がなくても、人間ってこんなにもパワーを秘めているものなのだと感動せずにいられない、見て損はないものだと思います。

-------
文・桑原和久
(フリーライター、編集者、茅ヶ崎方式渋谷松涛校生徒)

2017年2月21日 (火)

海外ドラマのすすめ&お知らせ

少しでも英語に触れる時間を増やすために
海外ドラマを見ています。

映画でも良いのですが、ドラマのほうがオススメです。

・1回分が短く気軽に見れる
・次回が気になる
・シリーズ制覇すると結果として長時間同じ人の喋り方を聞くことになり、リスニングが楽になる

今までに見たドラマは、、、

Awkward
Big Bang Theory
ER
Full House
Fuller House
Friends
Girls
Grey's Anatomy
Friends

とにかく繰り返し見るようにしています。
1回目より2回目、3回目と英語で聞き取れるものが
増えて行くのが楽しみですし
レッスンで出てきた表現や文法も
ちゃんと使われているんですよね。

ドラマ以外でも勉強する時間を増やすために
Studyplus始めました。
Studyplus

その他のSNSはこちらです。
Facebook
Twitter

2017年2月15日 (水)

Vol.19 インフルエンザの怖い話

みなさんお元気ですか?久しぶりの投稿になります。実は先週は、インフルエンザにかかってしまい、何もできませんでした。

インフルエンザ。ネットのニュースでかなり話題にのぼっていたし、街中でもマスクをしている人をたくさん目撃していたので、流行っていることは知っていました。

が、過去にインフルエンザになった記憶がなく、自分だけは大丈夫だろうと油断してました。

先々週の日曜日夕方に、それまであまり経験したことのない、"ぞくぞくっ"とする悪寒がありました。翌日、朝一番で病院に行ったところ、あっさりと「A型です」と判定されてしまいました。

処方してもらったインフルエンザ薬をすぐに薬局で購入し、その場で薬剤師さんの指導のもと吸引しました。

その薬はイナビルというもので、インフルエンザウィルスを殺すのではなく、増殖を抑制してくれるとのことでした。効き目は4日間あるらしく、一度呑めば基本的に他の薬を呑む必要はないとのことでした。

インフルエンザにはA型、B型、C型があり、A型がいちばん激しく症状がでると言われています。ぼくはA型でしたので、確かに病院に行った日の午後から38度9分の熱が出て意識が朦朧としてきました。

1日目は高熱と節々の痛みに悩まされましたが、2日目からは熱は37度5分にまで下がりました。そして、微熱の状態が3日ほど続きました、この間はずっと寝ていたため、床ずれで体中が痛くなました。

ちょっと大袈裟ですが、ただ単に健康であることのありがたみを痛感しました。

そして5日目の朝、体温計で熱を計ると36度5分。昨日までとはうってかわって体が軽く感じました。あぁ治ったんだなと思いました。言葉では言い表せない爽快感でした。

これまで風邪っぽいとすぐに病院に行って、総合感冒薬をもらい、微熱があっても働いていたぼくにとって貴重な体験でした。

やはり、風邪は薬で誤魔化すのではなく、しっかり熱を出して、温かくして眠り汗をかいて治すべきだと再認識しました。

しかしいまになって思うと、ぼくはインフルエンザをとても甘くみていたようです。

実は病院に行った日の翌日友人と会う約束をしていたので、薬をのんだ後でその人に「今日インフルエンザになったけど、明日微熱程度なら大丈夫。会えると思うので、また明日連絡するね」とメッセージしたところ、「とんでもない、うつされたらたまらない。延期しよう」とレスがありました。

その話を医療に詳しいジャーナリストのAさんにしたら「お前はアホか、歩く生物兵器のような体で人に会おうとするなんて」と叱られました。

みなさんは、"スペインかぜ"という言葉を聞いたことありますか。これは1918年から1919年にかけてヨーロッパで流行したインフルエンザのことで、なんとその死者は、5000万人~1億人にものぼります。

これは同時期に行われた第一次世界大戦における戦死者1900万人を上回る数で、このスペインかぜが戦争の終結を早めたという説まであるのです。

いまは医療が発達していて、インフルエンザになっても病院に行けば大丈夫という認識が広まっていますが、もともとはとても怖い病気なんですね。

実際に厚生労働省の資料によると、今日でも年間2262人がインフルエンザで亡くなっています(平成27年統計)。その多くは免疫力の弱い高齢者や幼児だと思いがちですが、そうとばかりも言えないようです。

前出Aさんによると、発熱などの、風邪の症状があっても、仕事を休めないなどの理由で、市販の解熱剤を服用し無理やり熱を抑えて働き、結果としてインフルエンザが引き金となって亡くなる人がいるとのこと。

インフルエンザは空気感染しません。飛沫感染のみです。こういうのは本人にとっても悲劇ですが、うつされるかもしれない周囲の人にとってもたいへんな迷惑になります。

ぼくは発熱した翌日病院に行ったので、比較的軽い症状で完治することができましたが、インフルエンザ薬は発症後48時間以内に摂取しなければ効果がないと言われています。もし、数日放置してから病院に行っていたら、もっと重篤な症状が出ていたでしょう。

インフルエンザが流行っている時は、熱が出たらすぐに病院に行くのが基本のはずですが、忙し過ぎて病気にもなれない世の中というのは、なんとも切ないです。

さらに恐ろしい話もあって、こんにちであってもインフルエンザウィルスが変異して、既存の薬が効かないものが出現し、流行し大量の死者が出る可能性はあるのです。

日頃から手洗いうがいを怠らないこと、そして疲労を溜めないことを心がけたいですね。

-------
文・桑原和久
(フリーライター、編集者、茅ヶ崎方式渋谷松涛校生徒)

2017年2月 8日 (水)

コラムお休みです

インフルエンザによる体調不良のため
今週のコラムお休みします。
楽しみにして下さっている皆さまごめんなさい。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »