« Vol.17 いじめ探偵 阿部泰尚さん、「学校が保護者に''モンペ対応"」するケースが増えている | トップページ | コラムお休みです »

2017年1月24日 (火)

Vol.18 イタリア人アーティスト、ロサリアさんとも困ったときは英語で!

東京にはいろんな国から人が訪れます。観光、仕事、理由はさまざまですが、最近特に増えたような気がします。

日本にやってくる人たちは英語圏出身ばかりではありません。しかし、どういうわけかというべきか、当然ながらというべきか、コミュニケーションの手段は英語がメインになります。

先日、友人からナポリ在住のイタリア人芸術家ロサリア・イアッゼッタさんを紹介してもらい、いろいろお話をさせていただきました。

彼女はイタリアで美術大学の先生をしていて、社会学の学位も持っているアーティストです。その時は、日本でのプロジェクトの打ち合わせのためにたまたま来日していました。

彼女は英語が流暢です。東京藝大の大学院に留学していたこともあり、日本語も日常会話に困らない程度に話すことができました。

それでもふたりでいろんなことを話してて会話が弾むと、時々、意味が通じないことがありました。そんな時、いちばん役に立つのが茅ヶ崎で習うような実用英語なのです。

たとえば、財務省という日本語が通じない時(その理由はぼくの滑舌の悪さだったかもしれませんが)、みにすとりーおぶとれじゃりー(必ずしも正確な表現かどうかは別にして)というと通じるのです。

先日、友人の日本人アーティストが、韓国で展覧会を行った時のことを話してくれました。そのイベントは彼女にとって初めての韓国での展示でしたから、彼女は渡航する前に必死でハングルの勉強をしたそうです。

しかし、いざ現地に行ってみると、韓国人スタッフは皆英語ができたため、会話の手段は彼女の急ごしらえの韓国語ではなく、受験英語で培った、そして、もうかなり忘れてしまっている英語になったといいます。

彼女は帰国後、英語の勉強に力を入れるようになりました。

ぼくも過去にこんな経験を何度も繰り返すうち、根が怠け者であるにもかかわらず、英語は継続してやろうと思うようになりました。

特に英語圏以外の人とのコミュニケーションでは、お互いがセカンドランゲージであるためか、英語ネイティヴと話す時より通じやすいと感じることもあります。

英語は目的ではなくて手段です。目的があると勉強も苦ではなくります。勉強というよりプラクティス(練習)だと思います。人によってスピードに差はありますが(ぼくは遅いです)少し少し上達していくのだと思います。




-------
文・桑原和久
(フリーライター、編集者、茅ヶ崎方式渋谷松涛校生徒)

« Vol.17 いじめ探偵 阿部泰尚さん、「学校が保護者に''モンペ対応"」するケースが増えている | トップページ | コラムお休みです »

桑原 BLOG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575190/64804946

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.18 イタリア人アーティスト、ロサリアさんとも困ったときは英語で!:

« Vol.17 いじめ探偵 阿部泰尚さん、「学校が保護者に''モンペ対応"」するケースが増えている | トップページ | コラムお休みです »