« 渋谷109側から東横線のホームに向かう最短コース | トップページ | 毎日英字新聞の記事をひとつだけ読んでいたら »

2016年10月27日 (木)

フランスで日本の伝統文化 紙芝居愛好家が増えている

街頭で、おじさんが子供たちに紙芝居を見せている様子を、実際に目にしたことがあるという人は、少ないのではないでしょうか。

ぼくも実物は見たことがありません。テレビを通じて得た知識でイメージする紙芝居は、昭和の風物詩といった印象でしょうか。

ところがこの紙芝居、なんと今フランスで愛好家が増えているというのです。

ぼくにそのことを教えてくれたのは、フランスで、自作の紙芝居を現地の子どもたちの前でフランス語で上演する活動をしている、紙芝居アーティスト、築野友衣子さんです。

紙芝居そのものは日本固有の伝統文化で、こんにち私たちが紙芝居と呼ぶスタイルの芸能は、1930年代に日本で誕生したようです。

その紙芝居が、なぜいまフランスで人気なのでしょう。

築野さんによると、フランスでは、紙芝居はKamishibai という日本語で普及していて、小学校の先生のほとんどが、この言葉を知っているといいます。一般の人でも、10人にひとりくらいは、Kamishibai を知っているそうです。

築野さんは、すでにフランス各地で100回くらい、自作の紙芝居を上演しているといいます。



ユーモアや笑い、ポエジーには国境はありません。デジタルな世の中だからこそ、アナログな紙芝居が新鮮なのではないですか、と築野さんは語ります。

でも、なぜ特にフランスなのでしょうか?

すでにフランスには紙芝居作家さん、演者さん、紙芝居の作り方や演じ方を教える教室の先生などもいて、もちろん彼らはみなフランス人で、フランス語でやっているというのだから、日本人が想像する以上の浸透ぶりですね。


その理由について築野さんはこう分析します。

日本の団体、紙芝居文化の会が、2012年にフランスのユネスコホールで公演会を行うなど、紙芝居の、海外での普及に尽力してきた成果ではないか。

フランスにはマリオネットという移動式の人形劇の伝統もあり、街頭で何かを演ずる文化も根付いているので、紙芝居が受け入れられやすかったのではないか、と。

これから、フランスで日本の紙芝居文化がどんなふうに花開いていくか、興味深いですね。

築野さんの活動を詳しく知りたい方は、
http://yuikotsuno.com





♪日本とフランスで活躍する紙芝居アーティストの築野友衣子さん。

---------
文・桑原和久
(フリーライター、編集者、茅ヶ崎方式渋谷松涛校生徒)

« 渋谷109側から東横線のホームに向かう最短コース | トップページ | 毎日英字新聞の記事をひとつだけ読んでいたら »

桑原 BLOG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575190/64404840

この記事へのトラックバック一覧です: フランスで日本の伝統文化 紙芝居愛好家が増えている:

« 渋谷109側から東横線のホームに向かう最短コース | トップページ | 毎日英字新聞の記事をひとつだけ読んでいたら »